おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて