読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茜色の露草 瑠璃色のカテドラル

プロット 書き溜め、。

田舎に帰ったあの子

不揃いな苺にたくさんの砂糖をまぶして ぐちゃぐちゃになるまで煮込むと美味しいジャムが出来る

あんたの後悔が、わたしはうれしい 厚かましさこそ、愛情を測るものさしだ わたしはただ、欲望を受けとめる 容器になりはて ぐちゃぐちゃになりたいとぼんやり願う そうだな、たとえば不揃いで 消費期限も近づいた見切りの苺パック これでもかってくらい上白…

田舎に帰ったあの子の、出せなかった手紙

いつまでもおなじ過ちをくり返すのはやめて 大切にすると決めた相手を 今度はどうか、 あなた以上に大切な存在として、 きちんとあいしてあげてください。 いま、あなたがつきあっている彼女の気持ちが 痛いほどわかるので、返事はしませんでした。 わたしに…