おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

君が夜を縫いとめていく

f:id:Sakananokimochi:20180104125424p:plain

 

〇〇一

ひりつく背中に、ますます夜がこぼれ落ちてくるのだ。

薄笑いを浮かべた君が僕を見ている。きれいだね。

お願いだ、やさしい言葉なんてかけないでくれ。

僕は君の恍惚を垣間見られさえすればそれで。

背骨に沿って、脇腹からくびれを這って、

君が夜を縫いとめていく。

すると夜は再び発光するのだ。

やあ、僕は綺麗だろうか。

 

【kindle ことことこっとん】

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

お題「書初め」

蹴りたい背中 (河出文庫)

蹴りたい背中 (河出文庫)