おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

僕にはそこまで執着してくれないね

f:id:Sakananokimochi:20180104114525p:plain

 

〇〇四

君は度々、僕に何も言わずふらり姿を消してしまう。

思い立ったが吉、ほかは頭になくなってしまうんだ。

君のそういうとこ嫌いじゃないけどさ、好きにしたらいい。

僕には待つことしかできないし。

まったく呆れるけどね。

夢中になれる対象があるってことは恵まれている、

素晴らしいことだよ。

だけど君さ、僕にはそこまで執着してくれないね。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「初詣」

痴人の愛

痴人の愛

 
痴人の愛

痴人の愛