おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

僕の体にも結晶体の成分が溶け込んでいた

f:id:Sakananokimochi:20180104130047p:plain

 

〇〇五

目覚めると窓辺に不恰好な結晶体がいくつも並んでいた。

差し込む陽が七色にゆらぎながら僕らの寝床へ

透過している。

あ、と小さく叫んで自分の腕や放りだした足を見やると、

案の定、僕の体にも結晶体の成分が溶け込んでいた。

ああもう、また君の仕業だ。

被ったシーツを払いのけると、僕は諦めて大の字に

寝転がった。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「初日の出」

鉱物のお菓子 琥珀糖と洋菓子と鉱物ドリンクのレシピ

鉱物のお菓子 琥珀糖と洋菓子と鉱物ドリンクのレシピ