おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

愛しているということばの持つ哀しみにも気づかずにいられた

f:id:Sakananokimochi:20180111182751p:plain

 

〇一九

夢の中の僕は君のことがずっと好きで、これまでもこれからも

ずっと君と生きていくことができるのだった。

目覚めるとき、今朝こそは痺れる冷たさだけを残したシーツに

触れるのではないかという不安を抱えながら、

毎晩僕らは眠りにつく。

隣で眠ることを許された特権と引き換えに突きつけられた恐怖。

そんないつかを僕も君もそこでは何も知らず、穏やかに眠り、

愛しているということばの持つ哀しみにも気づかずにいられた。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「起きて最初にすること」

きみに読む物語 - The Notebook【講談社英語文庫】

きみに読む物語 - The Notebook【講談社英語文庫】