おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

過去の遺物保管所と化している図書室にとじこもった

f:id:Sakananokimochi:20180113084621p:plain

 

〇二〇

君は夏の暑い日がとても苦手だった。

まるで北極熊が冬ごもりのため穴を掘り、

そこで出産・子育てするように、

湿度・温度が完全管理された、いまとなってはもはや

過去の遺物保管所と化している図書室にとじこもった。

僕らの生態はすでに遺伝子レベルで

ありとあらゆる知識を記憶するに至っており、

紙の本など無為なもとのみなされていた。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

今週のお題「体調管理」

北極ライフ

北極ライフ