おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

真夏の夜など君はもう図書室で寝落ちてしまって

f:id:Sakananokimochi:20180128191510p:plain

 

〇二一

真夏の夜など君はもう図書室で寝落ちてしまって、

僕は僕で君がいなけりゃ万が一発作でも起こしたら

敵わないから、すぐそばに寄り添い眠った。

図書室なんて、もはやその必要性すら見失われかけていた

けれど、人類種の軌跡、連なってきた過去の貴重な

遺物たちが納められていることには変わりなく、

だからこそ学院はこの場所を保存し続けてきた。

そして、こんな勝手が許されていた僕らもまた、

社会にとって稀有な検体であったといまならわかるのだ。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

今週のお題「体調管理」

青い図書室 (初回限定盤)

青い図書室 (初回限定盤)