おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

君の匂いは地に落ちた花殻みたいにわずかも残っていなくって

f:id:Sakananokimochi:20180120104902p:plain

 

〇二六

夜、僕はいつも通り自分のベッドにひとり横たわった。

こんなことをするのは、とてつもなく恥ずかしいばかりか、

もういっそ自分自身をひどく貶めてやりたい気持ちで

一杯になるのに、昨晩の君の残り香を僕は、

毛布に、シーツに、枕元に探さずにいられなかった。

けれども君の匂いは地に落ちた花殻みたいに

わずかも残っていなくって、

すんと鼻先で吸い込んでしまうと、

もうあっけなく消えてなくなってしまうのだった。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

今週のお題「私のアイドル」

レディウォーマー へそきゅう 1個入

レディウォーマー へそきゅう 1個入