おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

あんなの傷の舐め合いだ、涙なんてひどく苦い味がするんだから。

f:id:Sakananokimochi:20180201121645p:plain

 

〇三五

ねえ、どうして僕らは泣くことができなかったんだろう。

行為としてのそれは知っているのに、

僕も君も涙というやつを流せなかった。

あれを、普通種の劣性として馬鹿にする奴らもいた。

でも僕ら人類種にとって、泣くことは

当たり前の行為だったんじゃないだろうか。

単純に、できないことができるっていうのは

うらやましいし。

だからあの言いがかりも、君にしてはめずらしい

見栄っ張りだったんじゃないかって僕は思う。

「あんなの傷の舐め合いだ、

涙なんてひどく苦い味がするんだから」

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「思い出の味」

文庫版ではデザイン変わっちゃったんだーー……

もらい泣き (集英社文庫)

もらい泣き (集英社文庫)

 

 天地明察*1*2 で有名ですけれど、

蒼穹のファフナー*3 、『攻殻機動隊*4 の脚本と、

多岐にわたって手掛ける冲方丁さんの

実話をもとに創作されたショートショート集、

読みやすくっておすすめです。

f:id:Sakananokimochi:20180129083020j:plain