おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

そうだな、君は僕にやさしすぎた。

f:id:Sakananokimochi:20180201130225p:plain

 

〇三七

きっと君は、この両の手のひらじゃ足りないくらい

たくさんの隠しごとを僕にしていたんだろう。

もうそれを君と話すこともできない。

君は君自身を、君ひとりで抱えていくって

勝手に決めてしまったから。

怒ってないよ、怒ってるけどさ責めてるわけじゃない。

そうだな、君は僕にやさしすぎた。

自分勝手すぎるところも、まるでかなわなかった。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「手帳」

だって、僕たちは子どもだったのだもの、残酷で当然じゃないか。

夜のかくれんぼ (新潮文庫)

夜のかくれんぼ (新潮文庫)