おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

君の身体は、徐々に木質化していった。

f:id:Sakananokimochi:20180202103150p:plain

 

〇三八

ざまあみろ、と言ってるんだ。

君は君のすべてを僕に差し出して、もう二度と目覚めない。

君の身体は、徐々に木質化していった。

僕が閉じ込められたと思い込んでいたこの温室は、

実のところ君という生命を永遠に培養しつづけるための

装置だったわけだ。

まったく、くだらないことをしてくれた。

それともまさか、君は僕が為すであろう行為まで予測して

こんな勝手をしたのだろうか。

だとしたら、ほんとう莫迦だよな。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「もう一度行きたい場所」

おとぎ話のそのつづき、もしかしたら

僕たちはそんなものをなぞっているのかもしれない。

眠れる森の美女   シャルル・ペロー童話集 (新潮文庫)

眠れる森の美女 シャルル・ペロー童話集 (新潮文庫)

 
ペロー童話集 (挿絵=クラーク)

ペロー童話集 (挿絵=クラーク)