おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

あの頃の僕は意識でしかなかった。

f:id:Sakananokimochi:20180216090405p:plain

 

〇四七

僕は怖れたのだろうか。

独りで生きていくということを、

誰かに置き去りにされる可能性を。

君という検体と出会うまで、

僕はギムナジウム入学することすらかなわず、

研究施設で全身を管に繋がれ、かろうじて生かされていた。

あの頃の僕は意識でしかなかった。

からだなんてものは知りようもなかった。

触れられてはじめて、僕は肉体を知ったのだ。

他者とは、僕にとってすなわち体温だった。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「あったかグッズ」

これ、めっちゃお気に入りなの。

年下女子がお手紙とともにプレゼントしてくれた。

レディウォーマー へそきゅう 1個入

レディウォーマー へそきゅう 1個入

 

f:id:Sakananokimochi:20180216091115j:plain

*ひとりじゃだめなわたしを満たしてくれる✿