おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

光と影、白と黒、モノクロの世界、それが僕の最初の記憶だった。

f:id:Sakananokimochi:20180824194313p:plain

 

〇五五

そこに横たわる僕自身、繋がる無数の管と電極、

光と影、白と黒、モノクロの世界、

それが僕の最初の記憶だった。

ガラス窓の向こうを、頭まですっぽり白で

覆い隠した人々が日に何度か通り過ぎるのを、

彼らが自分とおなじものであると認識したのは、

僕があの部屋を出てからのことだった。

 

【kindle ことことこっとん】

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

今週のお題「#平成最後の夏」

ポラリス

ポラリス