おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

互いの境界を曖昧にしてきたまどろみは一瞬にして失われる。

f:id:Sakananokimochi:20181103083006p:plain

 

〇六四

浸食されるがままにまかせていた肉体に

刺さるような痛みが走る。

溶けあうように同調し、重なり、親密に互いの

境界を曖昧にしてきたまどろみは一瞬にして失われる。

表層を這っていた君の無意識、僕という丸裸の自意識。

脳髄の奥、そこへ直接響くようなするどい痛み、

それこそが君という他者だった。

 

【kindle ことことこっとん】

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

✿✿ 参加しますෆ (๑'ᴗ'๑)۶✐¯:.*೨✧ ✿✿

文学フリマ東京】11月25日(日) @流通センター

  

お題「これって私だけ?」

浸食 ?lose control?

浸食 ?lose control?