おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

出来損ないの手間ばかりかかる役立たず

f:id:Sakananokimochi:20180105105729p:plain

 

〇〇八

君がね僕を愛してくれるその理由が知りたいんだ。

だって君は一人で生きていけた。

選択肢はいくらでもあった。

それなのに、どうして僕みたいな劣等種を選んだ。

出来損ないの手間ばかりかかる役立たず。

そういう性癖か、それならそれでもいい。

でもさ、僕でなけりゃならない必然性なんてほんとうに

あったのか。君さえいなけりゃ僕は……

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「帰省」

寺山修司少女詩集 (角川文庫)

寺山修司少女詩集 (角川文庫)