おさなごころの君に、

茜色の狂気を ものがたりに綴じて

腹の底から胸くそ悪い奴だと思った

f:id:Sakananokimochi:20180105102329p:plain

 

〇一〇

「僕は呪われているんだ」

「へえ」

「僕は呪われているんだよ」

「聞いた」

「君、頭がいいんだろ察しろよ」

「その呪いは周囲を巻き込む類のもの」

「ああそうだよ、もういいだろ」

「具体的にどんな不都合が生じるのか知りたい」

霜降る季節の終わりだった。

君の第一印象はとにかく最悪で、腹の底から

胸くそ悪い奴だと思った。

 

【kindle ことことこっとん】

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

お題「おみくじ」 

アンデルセン童話集 (1) (岩波少年文庫 (005))

アンデルセン童話集 (1) (岩波少年文庫 (005))

 

Hans Christian Andersen 楠山正雄訳 「野のはくちょう」